臨床研究部このページを印刷する - 臨床研究部

ご挨拶

2015年4月に新体制として発足した当院の臨床研究部では、がん、脳疾患、循環器病、糖尿病及び政策医療など多分野において、更なる医療の発展のための臨床研究を推進すべく業務を行っております。新たな治療薬や治療法の臨床応用のため、新薬の安全性や有効性を検証すべく企業ないし医師主導の臨床治験に従事するほか、国立病院機構や信州大学を中心とした多施設共同研究への参加・サポートなども行い、学術的に充足し得る医療貢献を行えるよう頑張っております。患者様の権利、安全、プライバシーを最大限に配慮しながら、治験や臨床研究を通じて、安心、満足のできる医療を提供できるよう努力していきたいと思います。皆様のご協力をお願い申し上げます。

 

臨床研究部長
高橋 済

臨床研究部 組織

臨床研究部長 高橋 済(循環器病治療研究室長・併任)
政策医療企画研究室長 藤森 実(院長・乳腺内分泌外科)
がん治療研究室長 村上 真基(緩和ケア内科 部長)
脳疾患治療研究室長 大屋 房一(脳神経外科 部長)
循環器病治療研究室長 高橋 済(循環器内科 部長)
糖尿病治療研究室長 藤森 一也(消化器内科部長)

治験推進室メンバー

事務局長 荒 義昭(薬剤部長)
治験推進室長 水野 稔子(薬剤師)
治験コーディネーター 2名(看護師)
臨床研究部 事務員 1名

臨床研究実績

倫理委員会審査結果

  1. 倫理委員会審査結果(PDF)

研究情報の公開について(オプトアウト)

 通常、臨床研究を実施する際には、患者さんへ文書もしくは口頭で説明・同意を行って実施します。 臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく、診療情報等の情報のみを用いる研究等については、 国が定めた指針に基づき「対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意をとる必要はありませんが、 「研究の目的を含めて研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要」とされています。

 このような手法を「オプトアウト」といいます。オプトアウトを用いた臨床研究は下記のとおりです。 なお、研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

 

●信州上田医療センターが参加している研究のうち、オプトアウトに該当するもの

部門 研究課題名 対象データ・該当期間
消化器内科 内視鏡的大腸ポリープ切除後出血のリスク因子に関する検討
-血液型とvon Willebrand因子の関与について-
2010年8月~2018年8月
薬剤部 抗凝固薬服用中に脳梗塞を発症した患者の服薬に関わる要因分析 2019年7月~2020年2月
麻酔科 術後下肢静脈血栓症・肺血栓塞栓症の発生状況の調査とリスク因子の分析 2018年4月~2019年9月
消化器内科 急性発症型自己免疫性肝炎(AIH)の診断指針の策定 2017年10月~2020年12月
企画課 がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究 2011年1月~2022年3月
腎臓内科 ミトコンドリア病関連腎疾患の全国調査 2019年11月~2022年3月
整形外科 全国骨・軟部腫瘍登録 2019年1月~2024年12月
整形外科 日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究 2020年4月~2030年3月
皮膚科 皮膚腫瘍画像データセットの構築と診断支援プログラムの開発 2005年1月~2019年10月
呼吸器内科 ファビピラビル等の抗ウイルス薬が投与されたCOVID-19患者の背景因子と治療効果の検討 2020年4月~2020年12月
呼吸器内科 COVID-19に関するレジストリ研究 2020年4月~2022年12月
呼吸器内科 ファビピラビル等の抗ウイルス薬が投与されたCOVID-19患者の背景因子と治療効果の検討  
呼吸器内科 PD-L1高発現未治療進行非小細胞肺癌患者におけるペムブロリズマブおよびペムブロリズマブ併用化学療法の多施設共同観察研究 2018年12月~2020年1月
呼吸器内科 免疫チェックポイント阻害療法を受けた非小細胞肺癌患者の観察研究 2018年2月~2022年3月