緩和ケアについてこのページを印刷する - 緩和ケアについて

緩和ケアについて

「病気に伴う身体と心のつらさを 和らげる」医療を提供します。

がん患者さんはもちろん、がん以外の患者さんも対象で、終末期に限らず診断早期や治療中も対象となります。緩和ケア内科医師と緩和ケアチーム(看護師、薬剤師、リハビリ、栄養士、相談員など)でかかわります。

主な診療内容

  1. 痛みやその他の身体症状(倦怠感、息苦しさ、吐き気、食欲低下など)のコントロール
  2. 精神症状(不安、抑うつ、気持ちのつらさ、意識の混乱など)のコントロール
  3. 鎮痛剤の導入時の指導、副作用対策
  4. 抗がん治療に伴う苦痛への対応、セルフケアの指導
  5. 社会的な不安や悩みの相談
  6. 認知症や高齢患者の診療方針に関する意思決定のお手伝い
  7. その他に「病気に伴うつらさ」を有するときの対応

診療実績

2020年度 緩和ケア内科・緩和ケアチーム新規診療患者数:325名

内訳

初診時の所在
外来 164名
入院 161名

診療内容(初診時)
痛みのコントロール 109名
痛み以外の身体症状(息苦しさ、だるさ、吐き気など)のコントロール 73名
気持ちのつらさ・不安への対応 58名
終末期ケア・緩和ケアのため 72名
意思決定支援・倫理的問題の相談 13名
その他(家族ケア・診療場所の選択・在宅療養の準備など)

診療時期(初診時)
がんと診断されたとき 6名
がん治療中 104名
抗がん治療終了後・抗がん治療未実施 189名
がん以外の疾患 26名

入院までの流れ

入院を希望する時は、
  1. 緩和ケア内科での入院をご希望するときは、現在の主治医と相談していただき、紹介状を書いてもらいましょう。
  2. 入院前面談(相談)を実施します。予約制となっており、現在受診されている医療機関等の相談室・連携室などを通して予約することができます。当院受診中の患者さんは、主治医か看護師へお尋ねください。
  3. 面談には、患者さんとご家族(等)でご一緒にお越しください。ただし、他院へ入院中などの事情があるときには、ご家族だけでも面談を実施いたします。患者さん本人が来院できない時は、相談料(3000円+税)や文書作成料(必要時)をいただきます。
  4. 面談では、緩和ケア内科での入院による診療・ケアについて説明させていただき、患者さん・ご家族のご意思やご希望を確認します。
  5. 面談をしてから入院までお待ちいただく形としては、(1)現在の入院施設・病棟で、(2)通院しながら、(3)訪問診療を受けながら、などが考えられます。それぞれについて、面談の時に説明いたします。
  6. 面談の順番どおりに入院していただくとは限らず、患者さんのご病状や現在の療養環境などに配慮して、入院のご案内をさせていただきます。すぐの入院希望でない場合(例えば、自宅療養中で落ち着いている時)は、入院をご希望されたときに連絡をいただき、それから入院のご案内となります。
これらは、あくまで一般的な流れであり、患者さんのご病状が差し迫っているようなときは、主治医と連携を取りながら、適切な対応をしてまいります。わからないことがありましたら、お尋ねください。

家族ケア外来について

2019年8月より、おもにがん患者さんのご家族・ご遺族を対象とした外来を始めました.詳しくは「家族ケア外来」のページをご覧ください.
→「家族ケア外来について」のページへ

緩和ケア研修会の医師受講実績について

当院では、毎年「緩和ケア研修会」を開催しております。当該研修会を受講した当院の医師は以下のとおりです。
→「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」修了者

関連ファイル