教育・研修プログラムこのページを印刷する - 教育・研修プログラム

看護部院内教育

看護職員能力開発プログラムに沿って、段階的に学ぶことができるよう教育計画を企画しています。

教育理念

※患者さんの命の大切さ、個人を尊重し、人として優しく、看護師として責任ある知識・技術を習得できるように教育します。

※政策医療(がん・循環器)における専門的看護が実践出来るように育成します。

教育目的・目標

≪目的≫
質の高い看護を提供できる看護師を育成する
≪目標≫
看護職としての基本的態度・知識・技術を身につけ、適切な看護実践ができる。
専門職業人として、常に向上心を持ち、自己研鑚できる。

研修体系図

体系図

新人看護師フォロー体制

(新採用者の場合もこれに準ずる)

新人看護師フォロー体制

 『病棟全体で新人看護師を育てる』ことを心がけています。教育担当看護師長はじめ教育委員一丸となって集合教育(研修)から病棟での実践までサポートしています!!

平成30年度看護教育計画(院内)

研修コース

研修コース 研修内容
レベルI
  • 新採用者オリエンテーション(真空管採血・静脈留置針挿入含む)
  • アセスメント
  • リフレッシュ研修
  • 危機管理対策の理解
  • 救急看護/災害看護
  • 看護師の役割 がん看護の基礎
  • ケースレポート発表
レベルII
  • メンバーシップガイダンス
  • 医療安全と看護倫理
  • 退院支援
  • ストレスコーピング
  • ケーススタディ発表
レベルIII
  • リーダーシップガイダンス
  • アサーティブコミュニケーション
  • 自己課題取り組み発表
レベルIV IV-1 プリセプター研修
QC活動 QC活動とその実際
実習指導者
  • 実習指導とは
  • 実習指導の実際
  • 臨地実習における国家試験対策など
がん看護
  • がん性疼痛看護
  • がん化学療法
  • 緩和ケア
看護研究
  • 看護研究の実際
  • 院外学会発表
連携支援 退院調整の実際 など
高齢者の看護
  • 摂食嚥下の看護
  • 認知症の看護
  • 高齢者のスキンケア
レベルV 看護管理
看護助手
  • 清潔の援助
  • 感染管理I・II
  • 医療安全
  • オムツ交換
  • 食事の介助

研修風景

研修風景

研修風景

H29年度 新人です

H29年度 新人です