東5病棟〔外科、泌尿器科、乳腺内分泌、形成外科〕このページを印刷する - 東5病棟〔外科、泌尿器科、乳腺内分泌、形成外科〕

病棟紹介

病棟紹介

看護師30名、看護助手2名、クラーク1名の病棟です。
経験豊富な看護師から新人看護師がそろい患者様のケアをしています。2交代制を導入し夜勤帯でもケアの充実が図れるよう業務改善を行っています。また、子育て中のスタッフもおりワークライフバランスに合わせた勤務体制を整えています。
明るく優しいスタッフが揃っています。

病棟の特徴

外科・泌尿器科・乳腺内分泌外科・形成外科の混合病棟です。手術目的の患者さんがほとんどですが、保存的治療・化学療法・緩和ケア目的で入院される患者さんもおり急性期から終末期までの幅広い患者さんが入院しています。外科では腹部消化器系の手術患者さんが多く人工肛門造設をされる患者さんもいらっしゃいます。また、泌尿器科では、ステント交換や生検検査入院などで1泊入院の方もおり患者さんの出入りが多いのも特徴です。
ストーマケアでは、皮膚排泄ケア認定看護師と連携をとりながらケアを提供し、患者さんに安心して日常生活を送られるよう努めています。

メッセージ

1年目看護師から

卒後1年目研修の静脈研修とトレーニングを終え修了証をもらいました。患者さんに安全で安楽な看護が提供できるようにこれからも頑張ります!!

プリセプター・リーダー看護師から

プリセプターとして新人看護師の技術のフォローアップをしています。時には、新人看護師の精神面を支え、成長する喜びが実感できるよう努めています。また、プリセプターの負担が重ならないように病棟全体で新人看護師を育てられるよう取り組んでいます。