麻酔科このページを印刷する - 麻酔科

外来担当医

上田地域の基幹病院として、手術を受ける患者さんの麻酔管理だけでなく、術後急性痛の緩和を含めた周術期の安全管理を行っております。
手術件数は年々増加し、現在では年間約1,600件の麻酔科管理症例を担当しております。手術を受ける患者さんに安全で快適な、質の高い麻酔管理を提供出来るように努めております。

術後急性痛を緩和し、快適にお過ごしいただくため、硬膜外麻酔、オピオイド持続静注に患者自己調節鎮痛法(PCA:Patient-Controlled Analgesia)を併用した「疼痛管理」を行っております。
新たに超音波診断装置を導入し、超音波ガイド下末梢神経ブロックとして、腕神経叢ブロック、大腿神経ブロック、腹横筋膜面ブロックなどを行い、「術後鎮痛」の改善に役立てております。

また、各外科系診療科の手術環境を整えるため、手術室看護スタッフと協力し、手術室運営を行っています。ペインクリニック外来は行っておりません。
現在、信州大学医学部附属病院麻酔科との連携は密であり、盤石な診療支援を受けていますので、休祭日を含めて「24時間体制」で緊急手術の麻酔管理に対応しています。

担当医紹介(常勤医師)

望月 憲招(もちづき のりあき)

麻酔科部長
平成11年卒
専門領域
  • 臨床麻酔
専門医等
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会専門医
  • 日本麻酔科学会指導医

大塚 仁美(おおつか ひとみ)

麻酔科医長
平成10年卒
専門領域
  • 輸血学
  • 周術期管理
専門医等
  • 日本麻酔科学会専門医
  • 日本旅行医学会認定医
 

大田 恵理子(おおた えりこ)

麻酔科医長
平成20年卒
専門領域
  • 手術麻酔
専門医等
  • 日本麻酔科学会専門医

和泉 真(いずみ まこと)

麻酔科医師
平成26年卒
専門領域
  • 手術麻酔

2018年4月から2019年3月の間に当院で消化器外科手術を受けた患者様へのお願い

 現在当院では、 術後下肢静脈血栓症・肺血栓塞栓症の発生状況を診療録を遡って後ろ向きに調査しております。
「術後下肢静脈血栓症・肺血栓塞栓症の発生状況の調査とリスク因子の分析(倫理委員会承認番号31-1)」
解析するデータは、 個人情報を削除して個人を特定できない形にしておりますので、 各患 者様の個人のプライバシーは完全に保護されます。
本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方及び疑問のある方は、麻酔科医長大塚仁美にその旨お申し出くださいますようお願いいたします。