耳鼻咽喉科このページを印刷する - 耳鼻咽喉科

外来担当医

 
耳鼻咽喉科 鈴木
信大医 鈴木
鈴木
*(午前のみ)

*:(午前のみ)

診療内容・特徴

耳鼻咽喉科は聴覚・平衡覚・嗅覚・味覚などの感覚機能や、呼吸・発声・構音・嚥下などの運動機能の障害を扱うほか、頭頸部領域の炎症性疾患や腫瘍性疾患の診断と治療を行う診療科です。
当科では耳鼻咽喉科一般疾患を対象として、耳鼻咽喉科および頭頸部外科全般にわたる疾患に取り組んでおります。代表的な疾患として、突発性難聴や内耳性めまいなどの急性感覚器障害、急性扁桃炎などの急性感染症、顔面神経麻痺などは主に入院下に保存的治療を行っています。また、頭頸部癌に対する放射線治療や化学療法についても入院にて治療を行っています。

手術は、「ナビゲーションシステム」を用いた内視鏡下鼻副鼻腔手術(副鼻腔炎、副鼻腔真菌症、副鼻腔嚢胞)、喉頭微細手術(声帯ポリープ、喉頭癌など)、口蓋扁桃摘出術、アデノイド切除術、鼓膜換気チューブ留置術や、頭頸部の良性・悪性腫瘍などの手術を行っております。また、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎などの中耳疾患に対する鼓室形成術は、信州大学医学部附属病院耳鼻咽喉科の宇佐美真一教授の協力のもと行っております。
大多数の手術は、入院で全身麻酔下に行っておりますが、慢性中耳炎に対する鼓膜形成術(接着法)やアレルギー性鼻炎に対する手術(コブレーション)などは局所麻酔下に行い、「日帰り手術」が可能です。

耳鼻咽喉科からのお知らせ

  • 現在、常勤医2名の体制で診療を行っております。
  • 外来は月・火・水・木・金の午前中に行っており、午後は「予約制」となっています。救急疾患については、随時対応しております。紹介状をお持ちでない場合や予約が無い場合にも受診が可能です。
  • 水曜日の午前中は「補聴器外来」も行っています。難聴や補聴器についてのご相談は、出来るだけ水曜日の受診をお勧めいたします。
  • 火・金曜日は手術日となっています。手術は基本的に全身麻酔下に行っており、手術日の前日より入院していただきます。

診療実績

平成26年度

  • 外来患者:新患者数994 人、再来数7,172人
  • 入院患者:新入院数305人
  • 手術件数:191例(手術室のみ)

専門外来

補聴器外来(水曜日午前)
難聴や補聴器についてのご相談は、できるだけ水曜日の受診をお勧めいたします。

担当医紹介(常勤医師)

鈴木 宏明
(すずき ひろあき)

耳鼻咽喉科医長
平成14年卒
専門領域
  • 耳鼻咽喉科全般
専門医等
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • 耳鼻咽喉科専門研修指導医

堀 由希子
(ほり ゆきこ)

耳鼻咽喉科医師
平成20年卒
専門医等
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医